ネイルサロンならネイルクイック
NailQuick ネイルクイック

ネイル&ビューティー通信

ネイルや美容、健康の話題を中心に、新店舗や映画とのコラボ情報などを
ネイルクイックからお届けします。

ネットでカンタン予約 ONLINE BOOKING

2016年12月24日ネイル

オールシーズン使えてオシャレ! デニムネイルをマスターしよう

今も昔も大人気のファッションアイテム、デニム。それが最近、ネイルにも登場しているのをご存じでしょうか。ネイルにも大好きなデニムを取り入れたいという方、必見です! デニムネイルのやり方はもちろん、ほかの色との組み合わせについてもレクチャーしていきますよ。早速チェックしていきましょう。

デニムネイル

■デニムネイルってどんなネイル?
デニムネイルとは、ありそうでなかったデニム柄のネイルのことです。布の素材感やビンテージ感を表現したネイルで、色味によってはオールシーズン使える万能なネイルです。カジュアルな服装にぴったりなので、デニムとネイルをそろえてもGOOD! また、小物にデニム素材を用いたファッションにも最適です!

 

■デニムネイルの基本のやり方は2種類あります
デニムネイルの基本のやり方について、知っておきましょう。デニムらしさを出す作業には、筆を使う方法とスポンジを使う方法の2種類があります。

・ベース部分のやり方
まずはベース部分を作っていきます。ここで色の濃淡をつけることが重要なので、ジェルネイルを重ね塗りしていくことが必要になります。塗っては硬化させ、ということをこまめに繰り返していきましょう。
最初にベースジェルを塗って仮硬化させましょう。仮硬化は10秒ほどでOKです。デニムの色味に近いカラージェルを、ネイル全体に薄く1回塗って仮硬化させます。次に、違う色味のデニムの色を部分的に塗って再硬化させます。薄い色味にしたい場合は、薄目の色をまんべんなく塗った上に白やベージュを重ねていきましょう。濃い色味のデニムネイルを目指すのであれば、インディゴブルーといった深い青を使うと良いでしょう。

 

・筆を用いて風合いをだす方法
ベースができあがったらデニムの風合いをだしていきます。筆を使う場合は、筆に白のカラージェルをつけて、トントンとたたいて色を付けていくようなイメージで行っていきましょう。

 

・スポンジを用いて風合いをだす方法
ベースとなる部分を塗って硬化させたうえに、スポンジに白のカラージェルを付けてポンポンとタッピングしていきます。全体にまんべんなくタッピングしてしまうのではなく、濃い色味の部分はカラージェルを付けずに残しておくと、デニムのような見た目になります。

どちらの方法でもタッピングしたあとは仮硬化させ、トップジェルを塗って完全に硬化させたら完成です! マットな質感にしたい場合は、仕上げにマットコートジェルを塗って完全硬化させましょう。

 

■デニムネイルはスタッズとの相性抜群!
デニムネイルはスタッズとの組み合わせが良いことを覚えておきましょう。爪の根元の部分にアクセントとしてひとつずつ置いたり、爪全体を囲むように小さめのスタッズを並べたりと、さまざまなバリエーションが楽しめます。丸型だけではなく、スクエア型や星型のスタッズとも相性抜群です。スタッズはネイル専門店や通販ショップ、100円ショップなどでも購入できます。カジュアルな印象の強いデニムネイルを豪華にしてくれるので、特別な日におすすめの組み合わせです。

 

■ほかのネイルとの色を変えて楽しむのが上級テク
デニムネイルは全てのネイルに施してしまうのではなく、白やベージュといったシンプルな色味のワントーンネイルのなかに数本入れると、よりオシャレになります。また、ゴールドやシルバーのスタッズとリンクするように、同じ色味でワントーンのネイルとデニムネイルを組み合わせるとよりオシャレに仕上がるので試してみてくださいね。

デニムネイル

いかがでしたか? デニムネイルをマスターできたら、オシャレの幅がより広がりますね。ぜひ試してみてください。

デニムネイル

ネットでカンタン予約

ネットでカンタン予約

▲ページの先頭へ戻る

スマートフォン及びモバイルサイト
端末でQRコードを読み取るか、URLを携帯に送信(QRをクリック)し、アクセスして下さい。(従来型携帯・スマートフォン共に対応)
Copyright © 1996-2015 NonStress. All Rights Reserved.
※Nail Quick, SPANAIL, NAIL PARFAIT 及び Quick Nail のロゴ及び名称は、株式会社ノンストレスの登録商標です。
※当ウェブサイトに掲載中の文章・写真および動画の無断転載及び改変等を一切禁止します。