ネイルサロンならネイルクイック
NailQuick ネイルクイック

ネイル&ビューティー通信

ネイルや美容、健康の話題を中心に、新店舗や映画とのコラボ情報などを
ネイルクイックからお届けします。

ネットでカンタン予約 ONLINE BOOKING

2016年1月11日ネイル

深爪・噛み爪でもネイルはできる?気になるネイルのコンプレックスに答えます!

深爪・噛み爪でもネイルはできる?気になるネイルのコンプレックスに答えます!

深爪・噛み爪などの爪のコンプレックスは解決できる!

深爪だからマニキュアは無理・・・、噛み癖があるからジェルネイルは無理・・・、など爪のコンプレックスでネイルを諦めている人はいませんか?

噛み癖のせいで深爪になったり爪が薄く弱くなったり、指先のコンプレックスを解消したいときこそネイルサロンを上手に利用すべきです!

たとえば「深爪でネイルができない」と悩んでいる人は、人工爪で長さを出して爪が自然に伸びるまで待つ方法など、爪のトラブルや状態に合わせて正しく手入れすることが大事。

噛み癖が悪化すると深爪になるだけではなく、爪が薄くなり場合によっては反り爪の原因にもなるので気をつけないといけませんよ。

自爪の上から自然な長さに見える人工の爪を取りつけ、習慣改善しながら自爪を育てていけばキレイな指先を蘇らせることも十分可能です。

人工爪はスカルプチャーやチップ、ジェルを使って作りますが、お客様一人一人の状態に合った方法を選び、なるべく自爪に負担をかけないように施術するのがネイリストの役目。

人工爪にお好きなカラーやデザインを施し、自爪を改善しながらネイルを楽しむこともできます。

2週間~3週間の頻度でネイルサロンに通い、伸びてきた爪の長さを整えたり新しい人工爪に取り換えたりして、そのときの状態に適した正しい方法で手入れしましょう。

定期的に手入れしないと状態が悪くなり自爪に負担をかける恐れもあるので、忘れずにネイルサロンで手直ししなければなりません。

しばらく経って数ヶ月もすれば自爪が伸びてきたことを実感でき、効果が見えてきます。

初めの状態や個人差にもよりますが、早い人で2ヶ月、遅くても半年くらいで爪がキレイになっていくのを実感できるでしょう。

 

また、人工爪をつけている間は爪を意識することで噛み癖が治る人もいらっしゃいます。

噛み癖は放置していても悪化するばかりです。人工爪で長さを出したりするなどして、傷んだ爪を可能な限り元の状態に戻す必要がありますね。

噛み癖があるからと言ってネイルを諦めていませんか?

何もしなければ解決しない爪のトラブル。効果的な方法で改善するのが一番の対処法です。

爪が生まれ変われば見た目も良くなりますし、ジェルやマニキュアを楽しめるようにもなります。

自爪の成長を健康的に促すためにも、噛み癖や深爪など爪のトラブルは早い段階で解決しておいたほうが良い問題です。

専門のネイリストがお客様一人一人に適した方法をご提案させていただきますので、まずはお気軽にネイルクイックまでご相談ください。


【提携外部ライター 石川】
美容系、婚活系を中心に執筆するネイルクイック提携の当コラム担当外部ライター。
提携外部ライターのコラムは、ネイルクイックとの見解とは異なることもございます。
予めご了承下さい。


ネットでカンタン予約

ネットでカンタン予約

▲ページの先頭へ戻る

スマートフォン及びモバイルサイト
端末でQRコードを読み取るか、URLを携帯に送信(QRをクリック)し、アクセスして下さい。(従来型携帯・スマートフォン共に対応)
Copyright © 1996-2015 NonStress. All Rights Reserved.
※Nail Quick, SPANAIL, NAIL PARFAIT 及び Quick Nail のロゴ及び名称は、株式会社ノンストレスの登録商標です。
※当ウェブサイトに掲載中の文章・写真および動画の無断転載及び改変等を一切禁止します。